ペーパーレス社会と日本人

投稿日

ペーパーレスな社会は生産性や作業効率を考えるうでも、明らかにアナログ的な社会環境から比較すると合理性に飛んでいると考えられてもいるようです。日本国内では、紙好きの日本人と呼ばれるようにペーパーレスな社会とは、言いにくい状況下にあるのかもしれません。日本の文化を紐解くなかで「紙」の文化に対する依存度や信用度が非常に大きいともされているようです。オフィスのなかで用いられる会議資料なども、プロジェクターなどで情報を共有するよりも、紙媒体の資料を好む人が未だに少なくないことなども日本人の気質の1つと言えるのかもしれません。OA機器(コピー機、FAX、プリンターなど)の発展により、オフィスから発生する紙ゴミの良は膨大な量にまで到達したと言われる現代において、日本人はこれからどのようにペーパーレスな社会に向き合っていくべきなのでしょうか。