法事の際のスーツのマナー

法事においては、スーツを着る場合が多いです。しかし、何も知らずにただスーツを着ると、マナーに反してしまうことがあります。法事の際には特有のマナーがあるため、それを知って臨みましょう。
男性の場合は、喪服を着て法事に出席します。

喪服は、ビジネススーツに似ていますが、ビジネススーツとは違い、光沢がなく、本当に真っ黒です。また、ネクタイは黒で無地のものが適切とされています。
ただし、平服でも良い、とされている法事では、ビジネススーツを着て参加しても構いません。その場合でも、目立たない生地を選ぶようにしましょう。

スーツの色はダークグレーやネイビーなどの地味で無地なもの、ワイシャツは白で無地、それから小物類はできるだけつけないで、臨みましょう。
法事は亡くなられた方を悼む、大切な儀式であるため、マナーを守ることを心がけましょう。